コーチングを始めて1年…

約150人の方にコーチングをさせて頂きました。

色んな悩みや目標を持った方がいます。

当たり前の事なんですが…

人間は「答えを求めている」という事です。

自分の進むべき道…

過去に起こった事…

今の自分…

周りの人に対して…

それらの事に「自分なりの答え」が欲しいんです。

答えを見つける為に、コーチングを受けて…

その答えに納得する為に、コーチングを受けて…

その答えに進む為に、コーチングを受けて…

答えを見つけて

答えを受け入れて

新しい一歩を踏み出す

これをコーチングに求めています。

この1年、コーチングにこだわってきました。

コーチングにこだわって、

コーチングでしか出来ないやり方にこだわって、

コーチである事にこだわってきました。

でも、それは手段であって目的ではないんです。

そこに気付いた訳です。

どういう事かというと…

コーチングでも、カウンセリングでも、コンサルティングでも…

なんでもよくね?」

という事です。

こだわっているのは、コーチングをやっている側の僕だけであって

お客さんにとっては、それがコーチングだろうが何だろうが関係ないんです。

結局は、

「答えが見つかって、背中を押してくれて、現実が変わっていく」

という結果を求めているから。

勝手に「コーチングである事」にこだわって、

コーチングのやり方に沿わなければいけない」

と、どこかで意地を張っていたのかもしれません。

コーチングはコミュニケーションスキルです。

コミュニケーションの土台となる考え方がコーチングに詰まっています。

だったら、

どんな仕事をしていても

コーチングの技術で相手に接すれば

コーチングの可能性はもっと広がるんじゃないかと考えました。

例えば…

コーチング+営業

コーチング+教育

コーチング+スポーツ指導

コーチング+コンサルティング

コーチング+カウンセリング

今ある職業にコーチングの技術を加えたら

もっと可能性は広がります。

コーチングはこうじゃないといけない…

コーチはこうじゃないといけない…

そういった

コーチングである事のこだわり」

を捨てた方が

逆に、コーチングが活きてきます。

手段はなんでもいいんです。

価値観を認める…

答えを一緒に見つける…

一歩を踏み出す手助けをする…

そして、大きな夢や目標を達成する。

僕はそこを応援したい。

だからこそ、コーチングのやり方だけにこだわる事は捨てていきます。

コーチング的にコンサルティングもします。

コーチング的にカウンセリングもします。

コーチング的に教育もします。

コーチング的にスポーツ指導もします。

コーチングの技術に色んな方向から、人の成功を支えます。

大事なのは、手段ではなく目的です。

------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@www.makesense.jp

URL : https://www.makesense.jp/wp2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー