本屋に行くと「時短テクニック」という本があったり…

なんだかよく分からないセミナー講師みたいな人が「時間を有効に使う」とか「時間だけは平等だ」とか…

なんか無駄を無くそうみたいなのが流行っているような気がします。

確かに時間は誰にでも平等にあって、

お金を払っても時間だけは手に入れようがないんですが。

「無駄を無くそう!」

とか、そんな事考える事こそ無駄だなあと思う訳です。

そういう事を言う人たちからしたら、

「無駄を無くして、目標とか夢に時間を使え!」

という事なんでしょうが、

僕はそうは思わないんです。

無駄があるからこそ、深みのある人間になると思っています。

僕も思い返せば、一見無駄な行動や経験をたくさんしてきました。

今思えば、なんであんな事やっていたんだろう?と思うような事ばかりです。

じゃあ、それらの事が本当に無駄な事だったか?

それは違います。

無駄な事をやってきたからこそ

何が無駄なのか知って、無駄の中から学んで

今なにをやるべきかを自分で考えられるようになるのではないでしょうか。

無駄な事や遠回りして、そこで学習した事が「自分だけの哲学」になるのです。

最初は誰がどう見ても

無駄だろ…

遠回りだろ…

と思うような事も、やってみたらいいんです。

本を読んで無駄な時間を無くす方法を勉強するぐらいなら、

無駄なことでも、行動して無駄かどうか学習した方がよっぽど成長しますよ。

目標を達成するのに「10」の行動があるとします。

でも最初は「10」だけでじゃなくて「100」ぐらいの無駄な行動をしてしまうんです。

無駄な「90」の行動が、その人の経験値だったり人としての深みではないでしょうか。

合理的な「10」の行動だけの人間と…

無駄かもしれない「100」の行動をやる人間…

「100」の行動をして、

その中から合理的な「10」を自分で掴んでいく。

無駄があるから、深みのある人間になる。

どんどん無駄な時間を過ごしていきましょう。

【月5,000円でコーチング&コンサルティング
ご相談、お申込みはこちらから↓

------------------

makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@www.makesense.jp

URL : https://www.makesense.jp/wp2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー