コーチングは相手の思考をほどいて、整理して、明確にします。

そこにアドバイスは必要ありません。

 

でも、

アドバイスがダメな訳ではありません。

 

分かる事は、ヒントを与えるという意味でアドバイスもします。

アドバイスできる幅の広さもコーチの腕です。

ただ、気を付けなければいけないのは…

「やった事のないことはアドバイスできない」

という事です。

 

そういう意味もあって、僕は法人化を決めた訳です。

起業した事ないのに起業のアドバイスはできない…

経営した事ないのに経営のアドバイスはできない…

やった事がないのに、アドバイスはできないのです。

コーチングを受ける相手にとって大事なのは

「分かってくれる」

という感覚です。

 

分かってない、やってもいない事をアドバイスしたところで相手には響かないのです。

僕がコーチング業を事業展開したいのは、経営者の気持ちや苦労、喜びを…

「理解したい」

という気持ちがあるからです。

 

本当の意味で「分かってあげられる」理解者として、コーチングをしたいのです。

その為に、僕自身が経営者となって

僕自身が責任を負って

僕自身が悩み苦しむ…

 

その先に、コーチングのレベルアップがあると思っています。