有難い事に、「コーチングを学びたい」という依頼が多々あります。

 

あくまでコーチングは、それを単体だと

「コミュニケーションスキル」 に過ぎません。

 

しかし、様々なコトと組み合わせる事でより具体的で明確なコーチングが出来ます。

 

悩み相談にコーチングスキルを用いる

ビジョン設定にコーチングスキルを用いる

目標達成にコーチングスキルを用いる

メンタルケアにコーチングスキルを用いる

 

「コーチングスキルを身に付けたい」という事の先には…

「コーチング」という協働関係を作るコミュニケーションスキルを用いて「何をしたいのか」という事が大事です。

 

「コーチングで何をしたいのか」

という事が明確になれば、コーチングは最高のツールになります。

 

だからこそ、コーチングを受ける際には

「コーチングを受ける目的」

を明確に設定する必要があります。

 

クライアント一人一人、コーチングを受ける目的は違います。

 

その目的に対して、コーチとしてどう関わるのかが大事です。

 

コーチングを学びたい人は、「コーチングを用いて、誰をどうしたいのか」

コーチングを受けたい人は、「コーチングを受けて、何をどう変えたいのか」

という事を明確にするといいでしょう。

 

単なるコミュニケーションスキルではなく…

明確に「コーチング」というスキルを効果的に扱う事が出来るでしょう。